車コーティングの種類や手順をご紹介!

ヘッドライトの黄ばみを予防

ヘッドライトの黄ばみを予防 車のヘッドライトは時間が経過するごとに黄ばみが目立つようになります。
その原因としてはいくつかのことが考えられますが、代表的な原因として紫外線があげられます。特に屋外に停車している車は、太陽からの紫外線を受けることによる劣化が進んでいきます。劣化が進むとこれが黄ばんでしまうということです。
最初からコーティングがなされてはいますが、少しずつコーティングが剥がれて劣化しやすい状態となります。傷がつくことでその部分に汚れがたまって、これも黄ばんでくる原因となります。
ヘッドライトの黄ばみを予防するためにも、一つの手段に車コーティングが挙げられます。新車は購入の際にコーティングがなされていますが、少しずつ剥がれていくため、定期的にコーティングをし直すことが理想的です。自分でもできますが、作業するのは手間もかかり大変なので、プロに依頼して車コーティングをお願いすることがお勧めです。
コーティングをすることによりツヤが出て、見た目も綺麗になるという効果が期待できます。
市販されているので自分で塗布することもできますが慣れていないと大変な作業となるでしょう。

車コーティングでヘッドライトの剥がれも解消

車コーティングでヘッドライトの剥がれも解消 車のヘッドライトというと、経年で汚れや黄ばみが目立ったり、透明性が低下して気になるのではないでしょうか。
コーティングには色々な種類がありますが、機能性が低下するような剥がれからの復活に有効で、綺麗に仕上がるのも魅力です。車コーティングを施すと細かな傷も気にならなくなり、更に再び汚れや黄ばみが目立つ状態を防いでくれます。
研磨することで元々の車コーティングは剥がれますが、再コーティングを施すので愛車の美しさや機能性が蘇ります。
根本的に解決する方法にパーツの交換がありますが、パーツ交換は手間と時間が掛かり費用も高くなるのがネックです。
その点、車コーティングなら比較的簡単に新車に近い輝きを取り戻せますし、長期的に愛車を守ることもできるので一石二鳥です。研磨することで蓄積した汚れや傷が取り除かれ、透明性が増してライトの明るさが蘇りますから、走行の安全性を確保する意味でもおすすめ度は高いです。
劣化しても車コーティングで美しさが蘇るので、ヘッドライトが気になったら再コーティングを検討してみるのが良いのではないでしょうか。

-->